椅子の張地素材|生地ごとのメリット・デメリットと特徴を解説

椅子購入時に知っておきたい張地素材(生地)の特徴

オフィスチェアやダイニングチェアなど、貴方が椅子を購入する際に重要視するポイントは何ですか?

デザイン性は勿論大事ですが、自身のインテリア空間にベストフィッティングさせ、より良い使い心地を実現するためには、椅子の張地素材(生地)選びが重要になってくるという事は言うまでもありません。

革製か布製か。それだけでも、インテリアに与える印象と使い心地には大きな出てきます。

素材の特性を知り、使い心地とインテリアの未来空間をイメージする。

それぞれの張地素材の特性をよく理解し、納得のいく椅子選びをサポートできるよう、この記事では張地素材の特徴とメリット・デメリットを、簡潔にまとめました。

ファブリック張地チェアの特徴とメリット・デメリット

ファブリックは、ナイロン・アクリル・レーヨン・ウール等の生地を用いて織られた布地です。織り方を工夫する事によって模様をカスタマイズすることができ、使用する糸の種類によっても肌感や触り心地も変わる為、色やデザインの種類が豊富で人気素材の一つです。

優しさや温もりが伝わるような素材であり、伸縮性にも優れています。既出のようにデザインが豊富である為、様々なインテリアに合わせやすいという事が最大のメリットと言えるでしょう。

一方、ファブリック張地のデメリットで言うと下記のような事が挙げられます。

上記のようなデメリットを解消する為、ファブリック素材にはカバーリングタイプになっていて、取り外して選択ができたり、交換できたりするものもあります。

椅子の張地素材|ファブリック

ファブリック

親しみやすく温かみのある素材が特徴のファブリック張地

ポリエステル張地チェアの特徴とメリット・デメリット

ポリエステルはコットンなどの他素材との混合で椅子の張地として利用されることが多く、画像の椅子もポリエステルとコットンの混合になります。

ポリエステルは石油から生成される化学繊維の素材。摩耗性・耐久性が高いという特徴があります。価格もリーズナブルですので、比較的安価な素材に利用されることが多いようです。

加工技術によって自由な素材感を出すことが出来ることもポリエステルの特徴。

生地の種類が非常に豊富で、自分スタイルのチェアを見つけやすい事、シワに強く型崩れしにくいこと、耐久性に優れている事、乾きが早い事などがメリットと言えるでしょう。

しかし、吸湿性は少なく静電気が起きやすいという側面も。汚れると落ちにくい点が最大のデメリットになるかと思います。

椅子の張地素材|ポリエステル

ポリエステル

摩耗性が高くかなり耐久性があり、比較的安価な素材

メッシュ張地チェアの特徴とメリット・デメリット

メッシュ生地をテンション掛けて張った背面メッシュタイプや座面メッシュタイプの椅子は、主にオフィスチェア仕様として年々増加傾向にあります。

風通しの良さと涼しさ、座った時や寄り掛かった時のトランポリンのような気持ち良さがメッシュ素材のメリットで、特に男性からの支持が高い傾向にあります。

座面メッシュなど、体重負荷のかかる部分にメッシュ構造を実現するためには高度が技術が必要であるため、効果になりがちという点がデメリットかも知れません。

また、女性の場合は椅子の購入時に涼しさを求めることは少なく、メッシュチェアは寒く感じてしまうといった理由で敬遠しがちという点もデメリットの一つと言えます。

椅子の張地素材|メッシュ生地

メッシュ生地

通気性抜群の背面メッシュ生地で快適デスクワーク。男性に人気の素材

コットン張地チェアの特徴とメリット・デメリット

コットンは天然素材のため肌に優しいのが特徴です。

しかしコットン素材の椅子は、シワが出やすいのがデメリットの一つです。また、色が染み込みやすい素材でもあるため、汗をかいた状態で長時間座り続けると汗シミが残る場合があります。

合成皮革PUレザー(ソフトレザー)との混合で使用される場合が多く、下記画像の椅子も、同素材の混合品になります。

椅子の張地素材|コットン

コットン・綿

柔らかい肌触りで吸水性・通気性に優れたコットン張地

皮系張地チェアの特徴とメリット・デメリット

椅子の張地素材として多用されている合成皮革(ソフトレザーおよびビニールレザー)と、圧倒的な存在感を放つ本革素材。

皮を用いた素材についての記事は、下記記事にてまとめさせて頂いておりますので、ぜひご参照くださいませ。

BLOG

Shopping Cart (0)

お買い物カゴ

October SALE

最大64%OFF

【期間限定】2021年10月31日迄

5% off coupon

sale

最大69%オフ!【期間限定】2021年8月31日まで